Q&A with OAKLEY athletes |
オークリー契約サーファーに聞く Vol.03 大原洋人

Photo by OAKLEY
Interview by SURF MAGAZINE

  • twitter
  • facebook

 

先日行われた地元志田下での QS6000 ICHINOMIYA CHIBA OPEN で5位となり、WQSランキングも8位へジャンプアップした大原洋人。 栄光の【 US OPEN 2015 】優勝から4年。洋人は22歳になり、手の届くところに迫っている【 WCTクォリファイ 】への強い気持ち、そして誰よりも感じているその難しさを本音で語ってくれた。


ー 地元にいる時のライフスタイルを教えてください。

波がある時は1日中海にいてサーフィンをします。今日のように波が小さい時は、無理にサーフィンせず、体を休ませたりトレーニングをして過ごします。あとは、釣りが好きなので波がない時はバス釣りに行きます。

ー 海外の遠征先での過ごし方は?

今年からコーチを変えて(今年からコーチは五十嵐カノアやグリフィン・コラピント等多くのCT選手のコーチを務めるジェイク・バターソン)試合の時は一緒に行動しているのでコーチが海に入るタイミングを決めてくれます。混んでいる試合会場ではなく、空いているポイントでCTツアラーたちと試合形式の練習をして、ビデオ撮影しながらコーチングしてもらってます。1日3回この形式で海に入ることもあります。この方法だと他の強豪選手と真剣勝負もできて試合のタクティクスやサーフィンの技術も確実にアップします。

ー 今シーズンの試合のスケジュールは?

昨シーズンはQS3000以下の試合も出ていましたが、今年はQS6000、QS10000のプライムの試合に絞って出ます。多くの試合に出ていると移動が大変で、集中力も弱まって疲れも溜まります。大きな試合に集中してポイントを稼ぎたいと思ってます。

ー 試合でのジャッジ・クライテリアやサーフボード・デザインを含めて、どういうライディングスタイルを目指していますか?

自分がやりたいサーフィンができてない時は点が出ないし、逆に点数が出る時にはやりたいサーフィンができている時です。今の自分のサーフィンを変えようとは思っていません。コーチから言われるのはライディングの技術的なことではなく、とりあえず「コケるな(笑)」と言われてます。同時に、CTに入るためにはこういうサーフィンをした方が良いとアドバイスもしてくれます。









ー 英語が上達してますね?

海外の友達と話したり、日常のコーチとのやりとりで学んでます。喋っていて間違えても全然恥ずかしいことじゃないし、思っていることを口に出すようにしています。それが上達の秘訣かもしれません。今は海外生活でもあまり困ることはないですね。

ー 好きなサーファーは誰ですか?

ジュリアン・ウィルソンです。洋人のあのターンはジュリアンに似ていると言われたことが何度かあります。真似しようと思ったわけじゃありませんが(笑)、ジュリアンのサーフィンと比較されることも多いんです。コーチのジェイクからもCTに入るのならこういうサーフィンをしろと見せられたのがジュリアンのサーフィンでした。何か縁を感じますね。













ー 今シーズンの目標を教えてください。

もちろんCTへのクォリファイです。他に大きなプライムの試合で優勝したいです。USオープンでは優勝した経験があるので、波質の異なる南アフリカやポルトガルで優勝したいと思ってます。小さい波ではなくて良い波で結果を出したいです。そのために意識して練習してます。

ー 長いスパンで見て、コンペティターとしての将来の目標は?

まず来年のオリンピックに出られるように一生懸命頑張ってます、もちろんその後のオリンピックも視野に入れてます。
あとは、今年がんばって、来年CTに入り、その後何年も落ちずにCTで戦いたいです。何年前かにCTの試合は経験してるので、今の自分だったらCTでもやっていけそうそうな感じは持ってます。
ただ、あまり長いスパンでコンペティターをやろうとは考えていません。歳をとって勝てなくなったら、しっかり見切りをつけて競技からは引退しようと考えています。













ー 今日かけているオークリーの新作以外の一番お気に入りのモデルは何ですか?

自分は「Latch」を気に入ってよくかけています。

ー 最後にオークリー・ブランドのいいところを教えてください。

小さい頃から感じていますが、オークリーは、どんなスポーツでもトップアスリートしかサポートされていないブランドイメージです。オークリーのサングラスをかけて板にステッカーを張っていることが僕の中ではステータスを感じます。海外に行っても一流アスリートしかサポートされていないので、チームにいることが自分の価値を上げてくれている感じています。


OAKLEY | Coldfuse | ¥30,240




*このインタビューを記念して、大原洋人をサポートする OAKLEY より、今回彼が着用している ↑ の新製品 【Coldfuse】を抽選で1名様にプレゼントしちゃいます!! 尚、応募方法詳細は下記の通り。


|応募方法|
>> 【大原洋人インタビュー・オークリープレゼント係】と明記いただき、ご連絡先その他(名前、年齢、住所、電話番号、メールアドレス)をご記入の上、下記のメールアドレスへご応募ください。
〆切後に抽選にて、1名様にプレゼントいたします。

>> メールアドレス : info@surfmagazine.jp

|応募〆切日|
>> 2019年5月31日(金曜日)
*尚、当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。




*更なる商品情報は下記のオークリーオフィシャルサイトよりチェック!
>> OAKLEY OFFICIAL SITE

 

share

  • twitter
  • facebook